本文へスキップ

日本トゥースフレンドリー協会は口腔保健の推進を目的とした非営利団体です。

TEL. 022-265-5757

〒980-0804 仙台市青葉区大町1丁目1番18号西欧館ビル3階

ご質問とお答えQuestion and Answer

Question 1〜2

こんにちは。小林と申します。

 口臭や虫歯予防のため、キシリトールガム(ロッテ)やリカルデントガム(両者とも市販品)を噛むことが多いのですが、教えていただきたいことがあり、メールをさしあげました。
 
   a.これらのガムであっても、歯を磨いた後は、噛まない方がいいでしょうか?
   夕食後、歯磨きを終えた後でも、何となく口の中が渇いてるように感じる時には、「虫歯にならないから大
   丈夫だし、むしろ、唾液を沢山出してくれるから、歯にいいはず」と考え、深夜であってもガムを噛んでい
   るのですが・・・。

  b.虫歯予防のため、口中をアルカリ性にする目的で、食後、重曹やセスキ炭酸塩の水溶液でうがいをする人が
   いるようです。本当に効果はあるのでしょうか?また、歯や歯茎などに問題は起こらないものでしょうか?

ご回答いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Answer 1〜2

 a.  深夜でもガムを噛むことについては、本協会の「歯に信頼マーク」を付けたガムならば歯垢のpHを低下
   させず、ガムの中に含まれる酸によって歯が溶ける(酸蝕症と言います)危険はありませんので、大丈夫と
   思います。

    ロッテのキシリトールガムには「歯に信頼マーク」が付けられていません。すなわち協会で指定したテス
   トセンターで上記の検査をしていませんから、安全かどうかわかりません。
    
    リカルデントガムは、本協会のテストを受けています。商品一つ一つに「歯に信頼マーク」がついていま
   せんが商品箱に歯に信頼マークがついている種類のものであれば、歯みがきをおえた後でも深夜であっても
   安全と思います。


 b.  口中をアルカリ性にする目的で、食後、重曹やセスキ炭酸塩の水溶液でうがいをする効果については、科
   学的にしっかり証明されていません。

    歯の表面についた歯垢(プラーク)には厚さがあり、その下の歯の表面に接する部分でpHが低下して、
   はじめてむし歯を起こす危険が生ずるのです。

    うがいをして、歯垢の表面をアルカリ性にしても、むし歯を起こす危険を減らすことにはならないと考え
   ます。むしろ、口の中をあまりアルカリ性にすると歯石ができやすくなり、歯周病(歯茎をいためます)を
   起こす危険が大きくなりますから、私は、重曹水など頻繁にでうがいすることをお勧めできません。
 
                             日本トゥースフレンドリー協会会長  山田 正


バナースペース

日本トゥースフレンドリー協会

〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町1-1-18 
西欧館ビル3F

TEL 022-265-5757
FAX 022-265-9384